機関誌「弱視教育」

機関誌「弱視教育」について

準備中です。

 

編集規定

(編集規定)

  1. 本誌は日本弱視教育研究会の機関誌であって,1年1巻とし,当分の間,4号(6月,9月,12月,3月)に分けて発行する。
  2. 投稿の資格は,原則として日本弱視教育研究会の会員とする。
  3. 本誌には,弱視教育に関係ある未公刊の原著論文,事例研究,資料及び講座等を掲載し,併せて,研究会広報その他会員の研究活動等に関連する記事を編集掲載する。
  4. 掲載する原稿については,必要に応じて添削を加えることがある。但し,大きな変更を加える場合等には,執筆者と相談する。
  5. 本誌に掲載した原稿については,原則として返却しない。
  6. 本誌に掲載されたものの著作権は本研究会に帰属し,無断で複製あるいは転載することを禁ずる。
  7. 投稿原稿の内容について,十分に人権及び倫理上の配慮がなされていなければならない。
  8. その他編集に関する重要事項については,日本弱視教育研究会理事会において決定する。

(投稿並びに執筆規定)

  1. 原稿は次の様式により執筆する。

    1. 原稿は原則としてワープロを用い,A4版用紙に25字×32行(800字)で印字したものを提出すること。引用文献の場合を除き,原則として当用漢字,算用数字,現代かなづかいによって記述すること。
    2. 原稿の長さは,原則として,A4版用紙15枚までとする(A4版用紙約2.5枚分が仕上がり横2段組1ページに掲載されるので,15枚で本誌約6ページ分になる)。
    3. 図(写真を含む),表は,本文に比べ大きな紙面を要するが,その大きさを本文に換算して,全原稿枚数に算入する。
    4. 図,表は本文とは別にまとめ,それぞれ図1,表1のように番号をつけ,本文原稿には図表を組み込む位置を明示する。図表の原稿は白紙に黒色インクで明瞭に書かれたものを用い,写真を用いる場合は鮮明なものを提出する。
    5. 原著論文,事例研究,資料の冒頭には,本文とは別に,要約(600字以内)およびキーワード(5項目以内)を付すようにする。
    6. 記述の順序は表題,所属,著者名,本文,文献とする。
    7. 引用・参考文献は,論文等の最後に著書名のアルファベット順にまとめ,1),2),3)の番号をつける。
  2. 原稿(本文・図版等)は,コピー1部を添えて提出する。
  3. 著者校正は原則として1回(初校)とするが,この場合,著者は校正に責任を持ち,指定した期間内に返送する。

 

論文検索・バックナンバー

  • 2018年

    研究:弱視特別支援学級に在籍する児童・生徒への学習指導等に関する調査 ―学習指導の実態と視覚障害教育歴別での課題について― 近藤 宏 研究:視覚障害者(弱視者)に対する試験提示方法の検討 ―解答時間・得点率・得点効率の比…

  • 2018年

    研究:通常学級に在籍する弱視児童への支援に関する実践 -達成感に寄り添い自己有用感を育む支援を目指して-岡宮 彩奈・佐島 毅 研究:知的障害特別支援学級における弱視教育の指導法を活用した実践 -視覚に配慮した環境・教材・…

  • 2018年

    研究:弱視教育における反転授業の実践 -授業評価アンケートと授業分析から-,渡部 良平・戸根常夫・和田恒彦 研究:弱視児童の観察における描画指導について -植物の観察における指導の一例-,豊田裕美 分科会報告:書字・読字…

  • 2017年

    研究:弱視教育における検索機能の活用 -汎用データベースソフトウェアとタブレット端末を用いた試み-,周防佐知江・鮎澤聡・近藤宏・笹岡知子・緒方昭広・石塚和重 研究:試験問題のデジタル化に向けた取り組み,三上信雄・中野泰志…

  • 2017年

    研究:教材提示法による弱視者の授業参加への影響 -理療科におけるePub教材の活用の可能性について-,加茂紗都子・氏間和仁 研究:弱視生徒の主体的学習を促す補助具利用の検討 -教育相談での関わりを通して-,藤田真美子・氏…

  • 2017年

    研究:弱視幼児における構成活動の指導 -量や空間の概念形成の基礎として- ,福田奏子・岡宮彩奈・菊池哲司・牛久初音・佐島毅 研究:中学部における新聞を活用した授業実践 – UD ブラウザの利用を通して-, 土…

  • 2016年

    研究:通常学級におけるタブレット端末の使用について,清水 宏純 鈴木 英隆 研究:弱視幼児に対する教材教具を用いた「見る力」を育む指導実践–幼児期後半に焦点を当てて–,福田 奏子 岡宮 彩奈 金井…

  • 2016年

    研究:筑波大学における弱視学生のアセスメントに基づく就学支援について,森 まゆ 宮内 久絵 佐島 毅 柿澤 敏文 小林 秀之 研究:見えにくさのある児童生徒をサポートする体制づくり–在籍校・保護者・盲学校が手…

  • 2015年

    研究:住吉小学校 弱視教育50年のあゆみ–弱視学級開設当初の記録に焦点を当てて–,佐島 順子 渡邉 歩未 研究:視覚特別支援学校における3年間のタブレット端末の活用状況–中学部理科の授…

  • 2015年

    研究:小学校におけるタブレットPCの活用の効果 – 弱視特別支援学級のA児の指導過程を通して –,氏間 和仁 研究:スマートフォンにおける操作の問題点と視覚サポート機能の活用 – ロー…