第61回弱視教育研究全国大会(岡山大会)開催のご案内(第1報)

2019年06月30日

時下、ますます御清祥のことと存じます。また、日頃より日本弱視教育研究会の事業に格別の御理解と御支援をいただき、心から感謝申しあげます。

さてこの度、標記の研究大会の諸準備が進められて、下記のとおり開催の骨子ができましたので、第1報として御案内致します。今回の大会も、実り多い大会にしたいと存じますので、多くの先生方に御出席いただけるよう特段の御配慮を賜りますとともに、この機会に日頃の教育実践等の成果を御発表いただければ幸いに存じます。

なお、研究大会への参加及び研究発表の申し込み等に関しましても、概略を記載致しましたので、準備を進めていただきますようよろしくお願い致します。

期日

令和2年1月16日(木)~17日(金)

会場

ピュアリティまきび(公立学校共済組合岡山宿泊所)
岡山県岡山市北区下石井2-6-41
TEL 086-232-0511
FAX 086-224-2995
アクセス JR岡山駅より市役所通りを約700m徒歩7分

主催

日本弱視教育研究会

後援(予定)

文部科学省、岡山県教育庁、岡山市教育委員会、全国盲学校長会、岡山県特別支援学校長会、日本教育公務員弘済会岡山支部、岡山県教育会

主管校

岡山県立岡山盲学校
〒703-8235 岡山市中区原尾島4丁目16-53
TEL 086-272-3165
FAX 086-272-1853
Email: okamo@pref.okayama.jp

研究主題

  1. 弱視幼児・児童・生徒の特性を生かした指導の在り方を考える。
  2. 弱視幼児・児童・生徒に対する専門的指導を通して、特別支援教育における弱視教育を考える。

分科会

第一分科会(教育内容・方法に関する分科会):<テーマ> 弱視教育における指導法並びに教材・教具の工夫
第二分科会(センター的機能に関する分科会):<テーマ> 弱視幼児・児童・生徒に対する支援の充実

特別講演

第2報にて詳細をお知らせ致します。

日程

第1日 1月16日(木)

  • 9:30~10:00 受付
  • 10:00~10:40 開会式
  • 10:40~12:00 研究発表
  • 12:00~13:10 昼食(理事会)
  • 13:10~17:00 研究発表・研究協議

第2日 1月17日(金)

  • 9:10~ 9:30 受付
  • 9:30~12:00 分科会
  • 12:00~13:00 昼食
  • 13:00~13:30 総会
  • 13:30~15:00 特別講演
  • 15:00~15:30 閉会式

参加・弁当・懇親会の申し込み

令和元年12月2日(月)までに日本弱視教育研究会全国大会受付業務窓口へ申し込んでいただく予定です。なお、参加費は6,000円(学生3,000円)を予定しています。弁当及び懇親会費は未定です。詳細は、第2報で御案内致します。

研究発表の申し込み

研究発表を希望される方は、令和元年10月18日(金)までにE-MailまたはFAXで、発表題名及び発表者名を日本弱視教育研究会全国大会受付業務窓口までお知らせ下さい。なお、発表者は原則として研究会会員とします。大会要項に掲載する発表レジュメのフォーマットについては、発表者に追ってお知らせ致します。(原稿提出締め切りは、11月18日(月)の予定です。)
研究発表のご希望が多数の場合は、発表をお断りすることもございますので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

日本弱視教育研究会全国大会受付業務窓口
〒116-0011 東京都荒川区西尾久7-12-16
創文印刷工業株式会社内
FAX 03-3893-3603
E-Mail member-jyakken@soubun.com

宿泊申し込み

第2報にて宿泊リストをご紹介いたします。各自で直接お申し込みください。

ワークショップのお知らせ

1月17日(金)の大会終了後、ワークショップ「タブレット時代の教科書や入試の合理的配慮:いよいよ始まるデジタル教科書とタブレット入試」(http://psylab.hc.keio.ac.jp/info/20200117.html)が予定されています。お申し込み等はホームページをご覧ください。

日本弱視教育研究全国大会事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
筑波大学人間系 佐島 毅研究室気付